特長5┃
生地の柔らかさを追求
Wig(ウィグ)ニット

 

  

※再生を押すと音声が流れます。ご注意ください。

ポイント 心地よさを追求したウィッグ専用の生地

「幻のオーガニックコットン」の項目でも説明したとおり、現在のウィッグは伸縮性や軽さが重視され、さらに植毛にも耐えられるナイロン素材のベース生地が多く使われています。

しかしナイロン素材のような化学繊維では硬い肌当たりのため、直接頭皮にウィッグを着用することは肌への負担となっていました。

当社だけの特殊編み加工で柔らかい肌当たり
肌着にも使用されるニット(編み)生地に着目。ウィッグ専用のニット生地として、当社独自の編み方で作製したものがWigニットです。Wigニットは人肌の数値にこだわっており、その柔らかさはなんと2kPa(キロパスカル)。これは3kPaの柔らかさである半熟玉子よりもやわらかいです。また、3,200kPaの硬さである一般的なウィッグベースに使用される化学繊維のメッシュ生地に比べ、約1600倍の柔らかさです。

※京都工芸繊維大学 繊維学系(佐久間研究室)
やわらかさデザイン研究室 調べ

ファイブスター®の柔らかさを
よりわかりやすくお伝えするべく、
柔さ証明システムを用いて
柔らかさを計測・数値化し、
その柔らかさを証明しました。

 

ファイブスター®を安心してご着用いただくために、医療用ウィッグの基準として広まってきた「JIS規格」の検査より更に厳しい基準でWigニットのパッチテストを行いました。

PDFはこちら


「幻のコットン」と「ニット(編み)」にこだわったWigニットのやさしさを具体的にお伝えする為、品質の角度から肌への安全性を検査し、安全と安心を証明しました。

PDFはこちら